アクセスカウンタ

カエルロックはじめました

プロフィール

ブログ名
カエルロックはじめました
ブログ紹介
はじめました。音源感想文です。はじめました。そんなにまとまりはありません。Power Pop、Guitar Pop、Pop Punk、Garage、Rock'n'Roll…
help RSS

2015年のベストを何とかひねり出そうと試みる

2016/01/03 22:39
やっつけですけど、2015年リリースの新譜から、とてもよろしい10枚+αを選出しました。
(1月5日ちと変更)



Jetz "Cracked Up"
Graham Parker & The Rumour "Mystery Glue"
Sleeping Aides & Razorblades "Favorite Synthetic"

4 Catenary Wires "Red Red Skies"
5 Various Artists "Parasongs : A Parasites Tribute"
6 Warm Soda "Symbolic Dream"
7 Navel "Heartache"
8 Baby Shakes "Starry Eyes"
9 Mac McCaughan "Non Believers"
10 Built To Spill "Untethered Moon"


☆ そのほか、とても良かったもの
Beat Caravan "Odd Harmony"
Radioactivity "Silent Kill"
The Connection "Labor Of Love"
Xero Fiction "The Very Best Of"


☆ もうちっと頑張ってください、まだまだ期待してるのですから賞
Skimmer "Baby Dinosaur"


☆ 最も繰り返し聞いた一曲(iTunes再生回数参照)

Ramma Ramma - Ice Cream
今ならname your priceでアルバムも実質0円! 今すぐDL!
https://rammalammamilwaukee.bandcamp.com/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


The Jetzの巻 その2

2015/12/08 22:22
画像



The Jetz "Cracked Up"



Psychotic Youth!!!
Literature!!!
Baby Shakes!!!!

…昨今のPower Popファンの手帳は、来年2月上旬が大変なことになっているでしょう。
最近のグレイトニュースの連発には本当、エキサイトしっぱなしです。

んで本題です。

このThe Jetz。2011年に編集版"Anthology 1977-1979"をリリースし、輝く名曲Catch MeでPowerPopフリークの涙をしぼり取った彼ら。35年越しとなるファーストアルバムを8月くらいにリリースしていました。

それが、素晴らしく良い。何たってあのJetzです。私の心中のハードルは高かったですが、それを十分に飛び越えてくれてます。

さすがに歌声こそあの時代のままとは言えませんが、ソングライティングの冴えはキープ。つまらぬ曲無しの12曲。

#1 Cracked Upや#5 Goverment Manなど、ロッキンな曲もちろんPowerPopど真ん中ですが…#8 Can Your Hear Me Now、#10 She Don't Get Me At All、#11 DJ(At Wildstar Radio)あたりのミディアム曲がすごく良いんです。泣かせます。この辺は若かりし"Anthology"時代にはあまり無かった味わいかと。

私的には今年ベスト候補の1枚。下に張った#9 Find Another Wayを1曲通して聴いたならば…あなたも本作を入手しようと心に決めてしまう事でせう。私のように。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


!!!!!!!!!!!!!!Psychotic Youth!!!!!!!!!!!!!!!!!!の巻

2015/10/14 21:15
こんばんは。
前置きはこれくらいにして、本題です。

お時間があるならば、ここの左下を見てくださいよ。

"January/February"ですってぃ!          

こいつは生きる希望が…湧いてきますな…(涙)!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成26年のベスト的な

2015/01/04 01:57
画像


1 Warm Soda "Young Reckless Hearts"
密やかな名盤。夜中の雪道で聴くと大ハマリ。タイトル曲に涙。

2 The Rubinoos "45"
横綱相撲とはこの事か。華麗なコーラスのDoo Wopソング、こんなのRubinoos以外のバンドじゃあ聴けないね。

3 Paul Collins "Feel The Noise"
続"King Of Power Pop!"。あんたが大将!

4 The Muffs "Whoop Dee Doo"
ライブ最高っした。

5 Cali Giraffes "Self Titled"
帰ってきたKim Warnickさん!Kurt Blochさんがいないからか、Fastbacksの偏屈なところが一切無く、とってもポップ&ブライト。私ゃあ、これが欲しかったんですよ…。

6 Young Ladies "We Get By"
Monikersのアルバムを良かったですが、本作には敵いません。心の危ういところに馴染むメロディ。

7 Braid "No Coast"
復活作にして傑作。MineralもAmerican Footballも来日行きたいのに行けぬ…悔悔。

8 Momo-Sei "Umareta"
この作品には何か魔法がかかっておる!

9 Tripwires "Get Young"
過去作よりもPub Rockっぽさアップ。前作よりも好きだ〜。

10 The Number Ones "Self Titled"
1979年にタイムスリッピン!(私は生まれてませんが)曲の妙な短さもナイス。

次点 NRBQ "Brass Tracks"
穏やかな作風。肩こりと胃痛が和らぐ〜。

次々点 Sloan "Commonwealth"
JayさんとChrisさんは近作中でベストの出来映え!Patrickさんはもっとガンバ!Andrewさんやりすぎだぜ!

がっかり盤 Buzzcocks "The Way"
ちょっと覇気に欠けるというか…マンネリというか…。タイトル曲とか良い曲もあるんですけどね。
Buzzcocks基準で考えると評価低くなっちゃいます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


The Muffsの新作がとても、とても良い

2014/07/11 19:05
画像

The Muffs "Whoop Dee Doo"

10年待った!マフスの6thがようやっと、やっとこさ出ました。私は英Cherry Red盤を6月下旬に入手。米Burger盤はまだ入ってきてないですよね?

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Sonic Surf Cityを拝んだ

2014/07/07 23:27
再開。
この数ヶ月の間、Stiff Little Fingersを観たり、Yo La Tengoを観たり、RutlesとSteve Adamyk Bandを観に行けなかったり、Jazzにどハマりしたり、Silver Sunの新作に「まあまあかな?」と思ったり、Muffsの新作に感動したり、CDを4〜500枚くらい売ったりしていました。
またブログをやりますので見てください。

んでPop Punk Festです。

ハイレベル田舎ッペの私にとっては、下北沢駅周辺は迷いやすいことこの上なし。
早朝ピストンズには間に合った。


Disgusteens
※曲順はあやふや※
Little Deuce My Voice/Pop Punk Hell/DISGUSTEENS/She's In The Groove/Grease All Night/Same Morning Comes/I Want To Know/She's Gonna Leave This Town/1,2,Go/Swinging Guy/I Broke My Thumb/Thank You Steve/Saturday Night/Can You Go To Hell With Me/I'm Still In A Punk Band

最高!

Pelotan ※多分合ってる※
Surf On Snow/Bathroom Surfer/Surf Trip To Sweden/新曲1/新曲2/Abracadabra/Popcorn Party/Barbara Ann/Hide and Seek

ん、"Summer Means Fun"からは無しだったな。バーバラアンでのコーラスワークにびっくり。ペロタン最高!

Sonic Surf City ※終盤〜アンコ以下自信なし※
Surfasonic Theme/Sha na na na/Superswell/Una Big Kahuna/Surfers Are Back/Goose Bumps/Nevada/Sun In Her Eyes/The Wall/Tijuana Queen/Surf Rockin'/Ups and Downs/Holee Macaronee/Down On The Beach/Fabio and I/I Am a Banana/Blue June/Sun Sex'n Fun/Drivin in my SAAB/Choo Choo/Vote For Summer/The Kook/(アンコール2回)Tracy/Let's Make Love/Rockaway Beach/Surfin' USA/Surfin' Bird/Little Honda

演奏バッチリ、選曲ピッタリ。個人的ハイライトはPelotanのキーボードの人とのデュエットBlue June。この曲好きなんです。

高速バスで何時間も掛けて都心まで来るのが、体力的にちと辛くなってきているこの頃ですが…やっぱり幸せでしたね。やめられませんな!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Yum Yumsの巻

2014/02/22 23:54
画像

Yum Yums "Play Good Music"

また久しぶり。私は腰抜かすほどの傑作に触れると、ブログ更新したくなる性質のようです。

そんなヤムヤムズの4th。ず〜っと待ち望み続け7〜8ヶ月、やっとCD盤がWaterslideに入ったので、即クリックにて入手&ガッツポーズ。MP3で購入せず辛抱していて良かった。

私個人の感想に過ぎませんが…1stよりも2ndが良く、更に3rdが素晴らしかったと言うのに、それを大きく超えこの4thが最高傑作でしょう。…こんな事ヤムヤムズ以外のバンドじゃあ考えられないな、と(CD派なのでシングル・EPはガン無視)思うわけです。

#8 And A Whole Lotta You、#12 Yummy Loveなんかに顕著ですが、Mortenさんのバブルガムポップなフックが前面に出てますね。Caroline & The Treats用(Mortenさんは抜け、メンバー再編されていますが、未だ活動中の模様。来日希ム!)に書いた曲をもってきたんでは?と勘繰りたくなる。

↓#9 Let's Go Baby!こんな曲、大好きに決まっているじゃないですか…!

ところで、裏ジャケ曲順において#11と#12が入れ替わっているんですが、LP盤ではどうなんですか?
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


続きを見る

トップへ

月別リンク

カエルロックはじめました/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]