カエルロックはじめました

アクセスカウンタ

zoom RSS Marvelous Darlingsの巻

<<   作成日時 : 2011/11/09 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
Marvelous Darlings "Single Life"

マーベラスダーリンズ。どのブログ/レコード屋を見ても絶賛の嵐で迎えられている彼等。私も極上のイントロ〜2分16秒後の終了まで全てが完璧を越えた完璧の名曲、#1 I Don't Wanna Go To The Partyで一聴惚れしていたのですが、これまでリリースはレコードのみ、ということでCD派の私は音源を入手できない日々が続いていましたが…

そこでシングルコレクションである本盤ですよ。ジャケは乳毛ですが、こりゃーとんでもない爆弾だ!Deranged Recordsからもデモとか何かがたくさん追加されたCDのリリース予定がある、とのことですが、そんなの待てるわけないッスってことでSPレコーズからの日本盤をササっと入手。とっても安いしね。

このバンド、何が凄いって良い意味でスマートじゃあない、喰らいついてくるような勢いがどえらい。こりゃライブも強力そうだ。演奏陣は特にテクニカルな感じではない(ギターはキレまくってるな)のに、演奏が塊となってグイグイ押し捲るようなドライブ感が凄え!小奇麗にまとまったりしない、ワイルドな音質も凄みを増す結果につながってますね。そしてこれだけ勇猛な音なのに、しっかりとキャッチーなメロディーが残る残る。このボーカル、只者じゃない!

そんな濃いのんを16連発ですからね。続けざまに聴くとちょいとくたびれるほど。きっとシングルで2曲ずつきくとグッドな按配なのでしょうがね。

当然のように凄んごい曲ばっかりですが…シングルA面の並ぶ前半では、美しいメロディとエネルギーが拮抗した#3 Teenage Targets、ミディアムながら熱のこもりまくる#7 Shoot The Piano Playerなどたまらぬ。B面の曲群である後半では、あらぶるギターが唸るボーカルと競い合うような#9 Careerist、クルクルとリズムパターンを変えて展開してゆく、轟音なのにキュートな#16 Terminally Illあたりに完膚なきまでにヤラれました。私もう降参です。

名盤中の名盤!いやしかし、これだけの曲群を作っても、まだこれらを越える曲だって出来るだろ、っていう期待を持ってしまう恐ろしさ。いつかフルアルバムサイズで構築された彼らの音源を聴いてみたいものです。

↓Teenage Targets!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Marvelous Darlingsの巻 カエルロックはじめました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる